【Excel】キーワードが含まれるかチェックする方法(指定語の検索抽出)

公務員スキルアップ
この記事は約2分で読めます。
複数のあいまいなキーワード(指定語)が含まれる文章を抽出したい!
簡単なエクセル関数でキーワードリスト検索、抽出する方法をまとめました。countifとワイルドカードを使います。キーワードが多すぎてフィルターや検索機能だけでは辛いときなど、参考にしてください。

1万件の文章から、複数のあいまいキーワードを含むものを抽出したいときに使った方法です。

【Excel】キーワードが含まれるかチェックする関数

キーワードを含むか、次のようなエクセル関数でチェックします

 =IF(COUNTIF($A2,"*"&C$1&"*"),"○","") 

「キーワード」をC1セルに指定。※横に複数指定可
「検証文」をA2セルに指定。※縦に複数指定可
「チェック関数」C2セル以降にコピペします。

チェック関数は、上の例では、C2からE5のセルにコピーしてご利用ください。

countifを使い、次のとおりチェックします。
→ キーワードを含む場合は「○」
→ キーワードを含まない場合は「空白」

指定したキーワードが含まれていたかB列でチェックします。

=countif(C2:E2,"○")

これで、キーワードが含まれるかチェックできます!

使い方などの詳細を知りたい方向けに、次に解説します

【Excel】キーワードが含まれるかチェックする 詳細手順

キーワードを1行目にリストアップ(複数指定可)

検索キーワードを1行目に横にリストアップします。
必要に応じて次のパターンで用意しましょう。

・半角、全角
・漢字、カタカナ、ひらがな、送り仮名パターン

キーワードが含まれるか検証したい文章をA列にリストアップ

キーワードが含まれる文章をA列に、縦にリストアップします。

※1セルの文字数上限は、 32,767 文字 です

COUNTIF関数の引数に、キーワードとワイルドカード*を活用

先ほど紹介したチェック関数をC2からE5までコピーします。

 =IF(COUNTIF($A2,"*"&C$1&"*"),"○","") 

countifの引数1つ目には、検証文(A2セル)。

countifの引数2つ目には、キーワード(C1セル)を、ワイルドカード「*」でサンドイッチしてます。「&」は文字列の結合です。

最後に、キーワードがいくつ含まれていたかB列でチェックします。

=countif(C2:E2,"○")

※キーワードが増えた場合は、指定範囲を広げます。

検出キーワードは、対象行を選択して「○」を検索すると、見つけられます。

]]>
人気記事はこちら!

ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングが最もお得(5のつく日曜日)
ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングで、5がつく日曜日に決済すると、最大34.5%のポイントバックがあります。2022年は、9/25(日)が対象日です。

公務員の資産運用は「共済組合連合会」のポートフォリオを参考にすべき理由
世界最大級の機関投資家と呼ばれる、日本年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や、共済組合連合会は、莫大な運用益を安定して生み出しています。公務員の場合は、「共済組合連合会」の方を参考にすると、馴染みがあって親近感があると思います。掛け金を払っている、共済年金を運用しているからです。15年間で6兆円の運用益を生む、資産運用のポートフォリオを真似するとよいでしょう。かんたんに解説します。

【体験談】Amazonプライムはワンコインで本当にお得だった
多くの人が利用する大型ショッピングサイト『アマゾン』。そんなアマゾンの『Amazonプライム』を6か月間体験した結果をご紹介します。利用料は月500円程度かかるものの、そのサービスの豊富さが好評で、加入している人が多数います。とはいえ、「A