会計年度任用職員

会計年度任用職員の採用、給与、休暇、福利厚生などを解説します。

会計年度任用職員

会計年度任用職員は、社会保険証から共済組合員に!共済貯金もできる!令和4年10月から

令和4年10月から、地方公務員等共済組合法の適用範囲が広がり、常勤職員以外も、短期給付・福祉事業が適用されます。会計年度任用職員(短時間勤務)は、社会保険証でしたが、令和4年10月からは、正職員と同様の「共済組合員」になれます。共済組合員には様々な特典が使えます。たとえば、保養所などが格安で利用できたり、公共施設がタダ同然で遊べます!また、利率が異常に高い「共済貯蓄」も利用できるようになります。詳しく解説します。
会計年度任用職員

会計年度任用職員パートタイムのボーナス(期末手当)はいくら?支給対象と計算方法を簡単に解説

会計年度任用職員のボーナス(期末手当)の計算方法をかんたんにまとめます。支給対象者の範囲は?支給額計算方法( ①期末手当基礎額 × ②期別支給割合 × ③在職期間別割合 )とは具体的にどう計算するの? 約9割がパートタイム職員なので、パートタイムで考えます。なお、2021年10月に最低賃金が上がりましたので、少しだけ期末手当基礎額が増えます。令和4年6月の支給割合は1.2か月です。
会計年度任用職員

会計年度任用職員の年次休暇は何日?繰り越しできる?勤務日数と勤務継続期間から簡単に解説

会計年度任用職員の年次有給休暇は何日もらえるか。すぐに使えるのか。繰り越しができるのか。基本的には、週5勤務で10日です。これに、今までの継続勤務年数により加算されたり、週当たりの勤務日数、勤務時間によっては減ります。また、前年度から20日を限度に繰り越しもできます(2年間有効)。それでは、総務省が提示している表から、簡単に解説します。
会計年度任用職員

会計年度任用職員とは。給与と待遇など、総務省サイトまとめ

会計年度任用職員とは、地方公務員法第22条の2の規定に基づき任用される非常勤職員です。2020年(令和2年)4月1日から採用開始です。給与や待遇の概要をまとめました。