公務員

公務員スキルアップ

公務員の人事異動が希望どおりにならない理由は、欠員補充から始まるから

公務員の人事異動。希望部署を示してもなかなか、思うどおりにはいかないですよね。基本的な流れは、定年退職したポストへの昇任人事から始まります。そして空いた中間職ポストに人財を当てる、その穴を埋める優秀な職員をスライド人事する・・・。という形で、退職した管理職ポストから玉突きで埋めていく形になります。人事異動の決め方を人事経験者の目線から解説します。
公務員の給与|福利厚生

【公務員の賞与】2022年冬のボーナスは2.25か月にアップ!人事院勧告まとめ

公務員の給与月給とボーナス(賞与/特別給)は、2022年度は共にアップです! 例年8月の人事院の給与勧告により公表されました。 賞与額は、4.40ヶ月(0.10月引き上げ)になるので、2022冬のボーナスは2.25ヶ月。引上げ対象は勤勉手当です。 給与月例給は0.23%上昇。平均して921円アップですが、引上げ対象は、初任給と若年層(30台半ばまで)の月給となっています。初任給は大卒程度が3,000円引上げ。高卒程度は2,000円引上げです。 地方公務員も、国にならい、同支給月数になる見込みです。 それでは人事院の勧告を引用しながら解説します。
会計年度任用職員

会計年度任用職員パートタイムのボーナス(期末手当)はいくら?支給対象と計算方法を簡単に解説

会計年度任用職員のボーナス(期末手当)の計算方法をかんたんにまとめます。支給対象者の範囲は?支給額計算方法( ①期末手当基礎額 × ②期別支給割合 × ③在職期間別割合 )とは具体的にどう計算するの? 約9割がパートタイム職員なので、パートタイムで考えます。なお、2021年10月に最低賃金が上がりましたので、少しだけ期末手当基礎額が増えます。令和4年6月の支給割合は1.2か月です。
公務員の給与|福利厚生

【公務員の賞与】2022年6月のボーナス支給月数は、2.15ヶ月【減額】

2022年夏のボーナス(賞与)は何ヶ月分もらえる?人事院の給与勧告に基づくと、国家公務員の支給月数は、2.15ヶ月分に減額です。内訳は、期末手当:1.2ヶ月、勤勉手当:0.95ヶ月です。地方公務員も、基本的に国にならい、同支給月数になる見込みです。2022年冬の賞与も、2.15か月の見込みで、年間4.45か月分から、4.3か月分に減額です(▲0.15か月)。なお、 勤勉手当の月数は、人事評価により増減します。
公務員の給与|福利厚生

【公務員のボーナス】2021年夏6月の支給月数は、2.225ヶ月分。計算まとめ

2021年夏のボーナス(賞与)は何ヶ月分もらえる?人事院の給与勧告に基づくと、国家公務員の支給月数は、2.225ヶ月分です。内訳は、期末手当:1.275ヶ月、勤勉手当:0.95ヶ月です。地方公務員も、基本的に国にならい、同支給率になる見込みです。なお、 勤勉手当の月数は、人事評価により増減します。
公務員の資産運用

iDeCo(イデコ)の移管手続きまとめ。おすすめ口座と商品選びのコツ【確定拠出年金】

個人型確定拠出年金 iDeco(公務員、自営業者向け)。口座開設した場合や、口座移管した場合は、運用管理会社、運用商品を指図しなければ、目減りするのでご注意ください。参考までにわが家の手順を紹介します。
公務員スキルアップ

公務員を退職・転職の仕事は?元公務員ブログ&ツイッターまとめ

公務員を退職、転職して後悔しないだろうか?退職後に活躍する元公務員の皆様のブログとTwitterをまとめました。 公務員には受身な人が多い印象がある中で、積極的に発信しているのは貴重です。
公務員スキルアップ

【公務員ブログまとめ】現役公務員ブロガーによる仕事術、副業、休職情報を紹介

現役公務員のブログをまとめました。 公務を進める上でのヒントや、人事評価、人事異動、休職復職に関すること、副業に関することなど多岐に渡って参考になります!公務員ブロガーの中でもTwitter等のSNSでリアルタイム発信している アクティブブロガーをご紹介します。
会計年度任用職員

会計年度任用職員とは。給与と待遇など、総務省サイトまとめ

会計年度任用職員とは、地方公務員法第22条の2の規定に基づき任用される非常勤職員です。2020年(令和2年)4月1日から採用開始です。給与や待遇の概要をまとめました。
公務員スキルアップ

公務員の仕事はつまらない?楽しい?配属部署と自分の適性等による【お役所仕事】

「公務員 つまらない」の声が多いように感じます。配属部署と自分の適性 、 人間関係の構築がうまいかどうか 、仕事ができる職員か、仕事を頑張れる職員か、そうでない(と思われる)職員か。ここら辺の掛算で決まると感じましたので紹介します。