公務員の退職、転職で後悔しないために確認すること

この記事は約2分で読めます。
もしも転職という選択肢が頭をよぎったら、事前に考えるべきことがいくつかあります。公務員の職場は数年に一度、人事異動(ジョブローテーション)があります。今考えている転職理由が解決できるかもしれません。詳しく解説します。

公務員の退職・転職で後悔しないために 転職理由「今の職場が嫌だ」

転職の動機は人それそれですが、今の職場に嫌な点があるという人もいます。長年働いていると現在の環境に疑問を持つこともありますが、転職はまた別の問題として考えるべきことでしょう。転職の動機が、現在の会社で抱えている問題だった場合、次の会社では同じ問題を繰り返さない保証はあるでしょうか。応募する会社では、やりたい仕事があるのか確認しておきましょう。

公務員の退職・転職で後悔しないために 転職理由「現在の仕事は、自分の能力が活かせてない」

現在の仕事では自分の能力が活かせていないように感じていて、転職して自己実現をはかりたいという人もいます。今後働いていく上で、どんなことを優先して生きていきたいのかをじっくり考えることで転職をすべきかわかります。待遇の良さだけで転職を決断すると仕事の内容に不満が生じることもあるかもしれません。現在の仕事を退職し、転職をするほかに現状打破の方策はないか、よく考えてみましょう。

公務員の退職・転職で後悔しないために 転職理由「人間関係の問題」

人間関係が職場の問題点だというのなら、自分のアプローチの方法を変えたり、話し合うという方法もあります。職場で評価されなくても、自分自身がやり切ったという気持ちを持っていれば、良いのではないでしょうか。この先の生き方に多大な影響を与える以上、転職を考える際には、他の解決法や選択肢も考慮して決めましょう。

公務員の退職・転職で後悔しないために まとめ

公務員から転職する上で後悔しないために、転職理由を3つ挙げました。いずれも、ジョブローテーションで解決する可能性はあります。それでも転職したい気持ちが強い場合は、自分の気持ちに素直に従うのが正解でしょう。

]]>
人気記事はこちら!

ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングが最もお得(5のつく日曜日)
ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングで、5がつく日曜日に決済すると、最大34.5%のポイントバックがあります。2022年は、9/25(日)が対象日です。

公務員の資産運用は「共済組合連合会」のポートフォリオを参考にすべき理由
世界最大級の機関投資家と呼ばれる、日本年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や、共済組合連合会は、莫大な運用益を安定して生み出しています。公務員の場合は、「共済組合連合会」の方を参考にすると、馴染みがあって親近感があると思います。掛け金を払っている、共済年金を運用しているからです。15年間で6兆円の運用益を生む、資産運用のポートフォリオを真似するとよいでしょう。かんたんに解説します。

【体験談】Amazonプライムはワンコインで本当にお得だった
多くの人が利用する大型ショッピングサイト『アマゾン』。そんなアマゾンの『Amazonプライム』を6か月間体験した結果をご紹介します。利用料は月500円程度かかるものの、そのサービスの豊富さが好評で、加入している人が多数います。とはいえ、「A