【定年退職後】働きたい人は8割超!理由ランキング1位は「生活費」(公務員)

公務員を退職|転職
この記事は約3分で読めます。
退職した公務員生活状況調査の結果、定年退職後も働きたい人の割合は、84.4%と大多数が働きたいと考えており、その理由は「生活費が必要」が88.3%と大多数を占めています。政府統計の総合窓口(e-stat)の情報をもとに説明します。

e-Statは、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトです 。
退職公務員生活状況調査では、定年退職時の就労希望状況、現在の就労状況、家族・家計に関する事項等への回答を集計した結果を提供します。

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00020151&tstat=000001113934

定年退職時の就労希望の有無(公務員) 

「定年退職後も働きたいと思った」が84.4%と、圧倒的多数です。
※働きたいと思ったか、思わなかったの2択で調査しています。

定年退職後も働きたい人の割合(公務員)
定年退職後も働きたいと思った割合
※性別不明33人

定年退職後も働きたいと思った理由(公務員) 

定年退職後も働きたい理由は、【生活費が必要】が88.3%と大多数を占めています。

先ほどの回答は、「働きたい」より、「働かなければならない」と思ったのかもしれませんね・・・。

定年退職後も働きたい理由ランキング(公務員)
※複数回答可

世間ではFIREなんて話題になっていますが、安定した公務員でも、厳しい実態があります。

定年退職後に最も働きたいと思った就労先(公務員)

働きたい就労先は、再任用職員が78.5%と、圧倒的多数です。

定年退職後に再任用職員で働きたい理由

定年退職後に再任用職員で働きたい理由は、
①在職中の知識経験を活用したいが79.5%
②慣れ親しんだ職場で働きたいが60.4%

なお、「給与、勤務条件が希望に合っている」は、19.4%

知識経験を活かして、慣れ親しんだ職場で働きたいけど、給与や勤務条件が合っていない。調査時(2017年度)は、定年延長が無いため、やむを得ず再任用職員を選んでいると思われます。

定年退職後に再任用職員を選んだ理由

定年退職後に、再任用職員(短時間)を選んだ理由

定年退職後に、再任用職員(短時間)を選んだ場合

理由①:仕事量を減らしたいと思ったのが 約40%
理由②:フルタイムを希望したがダメだった 約18%
理由③:フルタイムを選ぶと、新採用が抑制される等迷惑だと思った 約13%

なお、再任用職員(短時間勤務)を選んだ理由ですので、再任用職員(フルタイム)の方はアンケート対象ではありません。

定年退職後も働きたいか、その理由 まとめ

定年退職後は、8割超の方が働きたいと答えてますが、理由は生活費のため。
比較的安定しており、退職金が2,000万円ほどもらえる公務員でも、現実は働かざるを得ない環境にある状況です。

今後、定年延長になった場合は、「現役続行」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

定数を増やす話題は無いので、組織で考えると新採用の抑制は避けられないところですね。

本気で働きたくない方は、生活のために働かなくていいように、早いうちに資産運用の仕組みをつくるといいですね。

]]>
人気記事はこちら!

ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングが最もお得(5のつく日曜日)
ふるさと納税は、Yahoo!ショッピングで、5がつく日曜日に決済すると、最大34.5%のポイントバックがあります。2022年は、9/25(日)が対象日です。

公務員の資産運用は「共済組合連合会」のポートフォリオを参考にすべき理由
世界最大級の機関投資家と呼ばれる、日本年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や、共済組合連合会は、莫大な運用益を安定して生み出しています。公務員の場合は、「共済組合連合会」の方を参考にすると、馴染みがあって親近感があると思います。掛け金を払っている、共済年金を運用しているからです。15年間で6兆円の運用益を生む、資産運用のポートフォリオを真似するとよいでしょう。かんたんに解説します。

【体験談】Amazonプライムはワンコインで本当にお得だった
多くの人が利用する大型ショッピングサイト『アマゾン』。そんなアマゾンの『Amazonプライム』を6か月間体験した結果をご紹介します。利用料は月500円程度かかるものの、そのサービスの豊富さが好評で、加入している人が多数います。とはいえ、「A